大きく深呼吸

【これが本当の求人情報サイト活用術!】登録は3社で十分。求人情報の規則性を知れば、効率的な就職活動が実現できる。

就職活動で最も必要となる情報は、言わずもがな「求人情報」です。それでも「市場動向」や「経済状況」を切り離して考えるのは愚策です。就職活動のタイミングを間違えてしまうと、ミスマッチ率が上昇するだけでなく、入社後の待遇面などに差が出てしまいます。ところが就職活動を始めると、どうしても目先の生活を考えて「求人情報」ばかりに目を向けがちです。

就職活動を始めたら、直ぐに知らべてほしい3つの情報。

  1. 求人情報
    (企業名や待遇など)
  2. 市場動向
    (求人倍率や最低賃金など)
  3. 経済状況
    (各業界を取り巻く情報)

就職活動を始めたら、大きく深呼吸しましょう。忘れないでください、就職はゴールではなくてスタートです。その先に豊かさを得られなければ、また直ぐに就職活動を再開することになります。居心地の良い職場に就ける可能性はとても低いもの(※良い職場に巡り合えない理由)です。少しでも確率を高められるように、情報収集は徹底しましょう。

求人情報サイトの登録は3社で十分

ネット検索をしてみると、求人情報サイトがわんさか出てきます。それから求人情報サイトのランキングなんかも、わんさか出てきます。結局どれが良いのか分からなくなりますよね。ランキングサイトについては、単にアフェリエイト用の適当な順位立てサイトなのでガン無視で良いとしても、求人情報を得られないことには就職活動は始められません。

ポイント

結論!
大手3社の登録をすれば十分
それから、
ハローワークの求人情報は見に行くだけ時間の無駄


何故に大手3社の登録で十分なのか?そこには、列記とした理由があります。求人を出す企業側の立場になって考えれば、簡単に理解できることです。

労働者を求めている企業の担当者は、採用計画の人数枠に対して、なるべく多くの応募者の中から優秀な人材を見つけ出して雇用したいと考えています。多くの応募者を募ることを考えれば、マイナーよりメジャーな求人情報サイトに費用をかけて求人情報を掲載しないでしょうか?その方が求人情報を多くの人に広報できる可能性が高いからです。天邪鬼な考え方は不要です、実際にそれくらい単純な話なのです。

もう1つ考えてみましょう。

求人情報サイトに求人情報を掲載する為に、企業は掲載料を求人情報サイトの運営会社に支払っています。この掲載料もメジャーな求人情報サイトの方が 高い傾向があります。テレビ広告の深夜枠(23:00~5:59)とゴールデン枠(19:00~22:59)の違いと同様ですね。人気のサイトは広告料が高いということです。言い換えれば、求人に対しても投資をできる企業の情報が掲載されているということでもあります。

求人情報サイトに掲載されている企業を羅列してみると分かるのですが、マイナーな求人情報サイトに掲載されている企業群とメジャーな求人情報サイトに掲載されている企業群では、明らかに違いがみられます。ちなみに余談ですが、分析をしてみると面白い傾向があって、中小企業ほど複数のサイトに求人情報を掲載しています。対して大手企業は、ワンクール(3か月程度)ごとに掲載する求人サイトを変更する一点集中型の掲載戦略をする傾向があります。

ちなみに「ハローワークの求人情報は見に行くだけ時間の無駄」とお伝えしている理由は、ハローワークへの求人掲載が無料だからです。ハローワークの求人情報に登録するには、ガイドラインをクリアしている必要があるのですが、超ハードルが低いのです。そのため、実際にブラック企業や実在しない企業、休業中の企業情報すら掲載されていたりします。中には優良企業様の情報もありますが、時間と労力をかける価値は無いと言えます。

最後に、求人を出す企業の数は求職者の願望で変動することは有りません。

多くの求人情報サイトに登録したからと言って、求人を出す企業数が増えることはないのです。就職活動をしている期間中に掲載される求人数が、その時に100社だとしたら母数は100社が絶対値です。また、同じ企業に別の求人情報サイトから応募をすることで、採用してもらえる確率が上がるということは有りません。同一人物からの応募に対する企業からの返答は同じなのです。

多くの求人情報を見たいという願望は、コレクションを眺めているのと同じ願望です。求人情報を眺めて、にやけるのが就職活動の目的では無いですよね。重複した情報ばかりに目を通すばかりに時間を取られる、とても非効率な就職活動をすることになってしまいます。ですからメジャーな求人情報サイト3社に登録すれば十分なのです。

ポイント

  • 優良企業の求人情報は、
    メジャーな求人情報サイトのいずれかに掲載されている。
    クールごとに掲載するサイトを変えている。
  • 中小企業の求人情報は、
    複数の求人情報サイトに掲載している。
  • 求人情報サイトの登録は、
    必要最低限の数にすることで効率化が計れる。

ちなみに、登録を推薦する3社に優劣は一切ありません。求人情報というのは優良サイトに優良情報が掲載されるのではなく、求人掲載をした企業側の都合であって、たまたま、〇〇の求人情報サイトだったというだけです。あえて優良サイトを定義するのであれば、求職者の希望する条件が就職活動のタイミングで、たまたま多く掲載されていたサイトということになります。

なんですが...、就職活動の種類によって、登録を推薦する求人情報サイトは若干変わってきます。

就職活動の種類と登録サイト

就職活動の種類は3つあります。企業側も求人要件によって掲載する求人情報サイトを使い分けていますので、それを知っておく必要があります。自分がどの就職活動にあたるのかをチェックして、情報サイトへの登録を行いましょう。転職活動中に生活費を補うためのアルバイトを検討するなど、場合によっては3社以上の登録が必要になるかも知れませんが、用途に応じ切り分けて求人情報サイトを使いましょう。

  1. アルバイト・パート
    (短期、時短、副業)
  2. 初めての就職活動
    (新卒・第二新卒)
  3. 転職活動
    (社会人経験者)

それぞれの就職活動に向けてお勧めする求人情報サイトは、以下の通りです。サイト名にリンクがつくているので、そちらから登録してください。どうしても別の求人サイトに登録したいという方は、ご自由にどうぞ。何故なら、ある程度メジャーな求人情報サイトであれば、そこに優劣は無いからです。

求人情報サイトの登録閲覧にはスキルシート入力がほぼ条件となっていますので、時間に余裕をもって準備してから各サイトにアクセスしてください。履歴書や職務経歴書の準備が終わっていない人は、「転職のエッセンス!職務経歴書の書き方」や「就活最強の武器!履歴書の書き方」を参考にして準備してくださいね。

アルバイト・パートの場合

※各サイトの特徴紹介はこちら

初めての就職活動の場合

※各サイトの特徴紹介はこちら

転職活動の場合

※各サイトの特徴紹介はこちら

心残りなので、ひとつだけ追記です。

僕はIndeed様の活用もハローワーク同様にお勧めしていません。サイトが見づらい使いづらい。加えて求人情報が不明確。企業側で掲載できる仕組みがあるものの、基本となる情報は、AIクローラーがネット上の情報を拾ってきただけものなので信頼性に欠けます。またハローワークとも異なり、管理監視の目が無いので、非常に危険な求人情報が掲載されている可能性もあるからです。他の求人サイトと重ねて使用するのであれば、無しではないと思います。

ミドル・シニア向け求人情報サイトは活用できるか?

答えは「No!」です。正確には「狭き門」が掲載された求人情報サイトですよ、という回答になります。すべての求職者に対して平等に活用できる求人情報サイトとは言えませんので、僕としてはお勧めできません。どうしても、ミドル・シニア向けの求人情報サイトを活用されたいのであれば、最低条件の3項目をクリアしているか確認してください。もちろん求人情報サイトには、このような記載は無いのですが、大人の都合というやつですね。

  1. 大卒以上であること
  2. 上場企業出身者であること
  3. 転職歴が3回未満であること

この条件をクリアしていることは、あくまでも最低ラインです。この条件に加えて、何かしらの優秀な実績を積まれていたり、有力な人脈をお持ちであったり、エンジニアとして非常に優れた技能をもっているなどのヒューマンスキルを求められます。しかしながら、それだけ優秀な方々であれば、このような求人情報サイトを活用されなくても転職先は見つけられると思われます。人脈という点で不足されている方については、優秀な実績を武器に活用されてみても良いのではないでしょうか。

就職・転職のコンサル依頼はこちら☟

現在、大変多くの反響をいただき無料コンサルは予約制とさせていただいております。
無料コンサルでご提供するサービス内容については「就職・転職を成功させる無料コンサル」をご覧ください。

-大きく深呼吸
-, , ,

Copyright© 豊かさを育む苗木 , 2022 All Rights Reserved.