大きく深呼吸

【実録】40歳を過ぎての転職活動:中編

2021-03-15

気付けば、あっという間に3月の後半です。ということで(どういうことで?)、就職活動を始めて約2ヶ月半が経過しました。状況は芳しく無いかな。原因は様々なんですけど、そろそろ決断をしなければならない選択肢も出てきました。計画していた範疇なのですが、決断によっては人生を豊かにする為の資本を大きく減らすことになるかも知れません。

ちなみに僕のいる宮城県という地域は、求人が少ないうえに賃金が低いことでも有名です。そこに追い討ちを掛けるように、新型コロナウィルスの影響もあって目に手も当てられません。唯一の救いは、まだ退職日まで猶予があるので収入が途絶えていないこと。だけど貯金があるわけじゃないので、計算上では退職後すぐに再就職しておかないとキツそうです笑。

ここで、大きく深呼吸したいと思います。

悩むのは時間の無駄

悩むというのは、そこに解決する答えがない証拠です。なので、どれだけ思考を回転させたところでエンドレスになります。エンドレス(永遠)に答えが出ないのですから時間の無駄です。そのロジックが理解できれば「悩む」ことほど、人生の時間を無駄にすることはありませんよね。それなら寝ていた方が、よほどマシだと僕は思っています。

状況が好転しない時には、そこに原因が必ずあります。僕はそれを「真実」という言葉で捉えるようにしています。これを説明すると長くなるので、今回は割愛しますけど「真実」が見えない現象で「現実」が見えている現象のことです。「悩む」という思考は、物事を投げ出したいという気持ちの表れだけなので、落ち着いて状況の確認から行っていきます。

どれだけ考えても、僕の明日が来ないという確定は無いわけで、打つ手は多々ある筈なんですよ。つまり「悩む」というのは、思考停止をしたいという欲求であって、怠癖が具現化したもだったりします。思考停止が発生しやすくなる習慣や理由も多々ありますけど、これまた割愛しますね笑。

現状分析をシンプルに行う

現状分析で大切なポイントは、感情論や思い込みを捨てることですね。会社で仕事をしていると、分析をするだけにも関わらず「ダメだろう」とか「やるだけ無駄」とか、否定的な考えを持ったまま情報を羅列する人がいたりします。なんで、わざわざネガティブなラベルを情報に付与するのか意味不明です。情報とはもっとシンプルなものなんですよね。

僕の状況については、以下の通りです。

  • 希望条件を満たした求人が少ない
  • 応募しても面接まで進まない

とてもシンプルですよね。もう少し細かく情報をまとめてみると、以下のようになっています。これを見て「ヤバくね?」って思われるかも知れませんね。そうです、厳しい世の中なんですよ。

  • 1月の実績<求人応募数:21社、書類通過数:0社、最終面接0社>
  • 2月の実績<求人応募数:77社、書類通過数:2社、最終面接1社>

この状況だと、お先真っ暗に見えますよね。でも、そんなことは無いんです。正直なところ、厳しい状況に間違いはないのですけど、想定の範疇ですね。むしろ前半2ヶ月間の活動を通して、課題を浮き彫りにできました。気付けた事もたくさんありましたよ。やっぱり僕の転職ノウハウはマジで強力で、もう準備は万全です!その証拠を今月の実績が物語ってくれています。

3月の実績<求人応募数:6社、書類通過数:6社、最終面接4社>

この変貌ぶりは、ヤバくないですか?同じ嘘をつくなら、もう少し工夫しろよって思われますよね。でも現実の結果です。ここで嘘を書いたところで、何も得しないですからね笑。僕は転職するたびに同じような経過を辿っているので、このノウハウだけは再現性が高いんだなって自負しています。これと同じような結果で良ければ、本当に誰でも実現できますよ。

全ての行動に意味がある

ちなみに僕が2ヶ月間やっていたのは、ごく一般的な転職活動じゃなくて転職するための分析活動です。転職をするために必要な情報を必死に集めてたんですよ。なので、短期間だけど求人へ応募しまくっていました。ぶっちゃけた話し、少しでも興味があれば、採用条件とか待遇とかガン無視で応募しまくってましたね。ただキツかったのは、想像以上に求人が少なかったことです。

採用がなかなか決まらなくて、がむしゃらに求人へ応募するってのは意味がないんです。でも転職の内定が出てくれないと不安になりますよね。それは僕だって同じです。でも今この瞬間に何をしていたかが、転職をトントン拍子で決める人と、そうでない人の分岐点になります。成功する人は、ことの道理を知っている(ノウハウがある)からこそ、何度でも成功できるんですよ。

僕がノウハウを持っているとすれば、この転職とちょっとした投資についてだけだと思います。あとは、会社内で活躍するための人間関係作りについてなら、独特ですけどノウハウを持っているかも知れません。何かしらのノウハウを持っている人って、同じことをやっているように見えて、全然違うことを考えて行動しているんですよね。

それに気が付けるかなんですけど、たとえ「ノウハウ」の理屈が分かったとしても、真似ることってのは容易じゃないですね。もしそれが容易なのであれば、僕は経営や投資で成功している人達のノウハウを是非とも習得したいです。だって、本をたくさん読んでも、それを具現化できたことって僅かですから笑。直接その人に教わることができると、かなり違うんですけどね。

決めた期間は必ず守る

転職活動では、事前の計画など「準備」が大切なんだけど、行動を始めたら期限を守ることも重要になってきます。例えば、縁があって内定が出た会社があるとします。でも必ずと言って良いほど「他にも良い条件の会社があるのでは?」って思いますよね。僕は間違いなく思います。実際に良い条件の会社なんて、きっと沢山あると思うんです。でも今この瞬間に出会えるかは別の話です。

転職活動の結果半分は「運」なんですよね。そもそも人生の全てが「運」に左右されているはずです。自分で決断した結果も、あらゆる偶然が重なったところで、その後の結果が決まっています。だから、たらればの考え方は真っ先に捨てた方が良いと思ってます。そんなこと考えていたら、マジでキリがないです。

でも踏ん切りが付けられない、そんなジレンマってありますよね。だから期限を守るようにするんです。期限内でとことん考えたら、あとは「運」に委ねるだけです。超簡単ですね笑。

最終結果の前段階で躓いているよ〜!って人もいますよね。僕も同じように躓いていますよ笑。でもここがノウハウなんですけど、事前の計画で、わざと躓く期間を決めてあるんです。だから、よほど理想的で運命的なご縁がない限りは、転職活動をせずに分析活動をしてたってことです。タイムラインって、本当に大事なんだなって、つくづく思います。

転職活動の具体的なノウハウについては、転職活動が終わったらまとめたいと思っています。今は未だ転職活動中なので、とりあえず全力集中するんですけど、こんなこと書いていて転職に失敗したら洒落にならないですね笑。目指すのは転職に成功して、5月からの就業開始です。じゃないと生活資金も無くなる想定なので、ちょっと本気モードに入ります!

-大きく深呼吸

Copyright© 豊かさを育む苗木 , 2021 All Rights Reserved.